プログラミング

システムエンジニアに資格は必要か【現役エンジニアが解説】

悩む人
「システムエンジニアになろうと思ってるけど、資格って必要?取っといたほうが良い資格ってある?」

こんな疑問にお応えいたします!

 

資格や免許が必要な職業って意外と多いですよね。

医者、建築士、弁護士など…

 

システムエンジニアに資格は必要なのでしょうか?

 

答えは

必要ないが、あればベター

です。

 

僕自身、現役エンジニアで平均よりも稼いでいますが、

資格は持っていません笑

 

資格を持たないエンジニアでも、ある程度は稼げるってことですね。

 

ただ、資格が役に立つ場面もありますので、

それも合わせて解説しますね。

 

以下の流れで進めていきます。

目次

  • システムエンジニアに資格は必要ない

  • 資格より仕事の理解度や実績が重要視される

  • 資格を持つシステムエンジニアは有利になる場面も

  • システムエンジニアの資格の種類

 

それでは解説していきますね。

 

 

システムエンジニアに資格は必要ない

ベースの考え方として、システムエンジニアに資格は必要ありません。

もちろん、システムエンジニアになる時に試験もありません。

 

私自身、なんの資格も持っていませんが海外駐在員として働くことができています。

 

同僚たちも様々で、資格を1つ2つ持っている人もいればそうでない人もいますね。

周りを見てみると、資格を持っているから優秀、というわけでもなさそうです。

 

 

資格より仕事の理解度や実績が重要視される

システムエンジニアとしての評価は、

資格を持っているかどうかよりも仕事の理解度や経験値が重視されます。

 

仕事の理解度

システムエンジニアの仕事はすごく単純で

システム開発の流れ
プログラミングスキル

この2つがあれば大抵は乗り切ることができます。

 

他のスキルといえばどんな仕事でも求められるコミュニケーション能力くらいでしょうか。

 

これらはシステムエンジニアとして働くうちに身に付けていくものですので、

資格は必要ありません。

 

逆に、資格を持っていても基本的な事ができない人はたくさんいます。

 

実績

当然のことですが、実績が一番重要視されます。

 

社内異動でも、転職でも、フリーランスでも、どんな場面においても第一です。

 

例えばあなたが社長だったら、

たくさんの実績を積み上げて来た人を雇いたいですよね。

わざわざ実績ゼロの人を雇うことはしないと思います。

 

実績がある人は即戦力になりますからね。

 

ここで言う実績は

システムエンジニアとしての開発実績

のことを指します。

 

できれば上流工程の開発経験があるとベターです。

 

システムエンジニアの将来性【現役エンジニアが解説】

続きを見る

 

 

 

資格を持つシステムエンジニアは有利になる場面も

当然のことながら、

資格を持つ人>資格を持たない人

という関係が成り立ちます。

 

なので、資格を持っている人にはそれなりに有利な場面があります。

 

さらに、転職時やフリーランスなどでは資格を持っていれば、

履歴書に書いてアピールすることができますよね。

 

これから転職したい

これからフリーランスとして活躍していきたい

という人は、資格をいくつかとっておいても良いかも知れませんね。

 

ただ、僕の目線でいうと

資格の勉強をしている間に実績を積んだほうが良い

と思います。

 

クラウドワークスやランサーズでは簡単に案件をゲットできてしまうので、

とりあえずいくつかこなしてみる。

 

そして、簡単なものでも実績をアピールしたほうが、

転職や次の案件獲得に活きてくると考えるからです。

 

 

システムエンジニアの資格の種類

システムエンジニアの資格はいくつかありますが、主なものをご紹介します。

システムエンジニアの資格

・情報処理技術者
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・データベーススペシャリスト
・プロジェクトマネージャ
・システムアーキテクト

 

簡単な順番に並べてみました。

だいたいは1万円前後で受けられます。

 

僕の会社では受験費用負担なし、資格によってはお祝い制度もあります。

少し詳しく解説しますね。

 

情報処理技術者

ITパスポート試験

情報セキュリティマネジメント試験

など…

細かく分かれているので、自分に必要な部分だけ受けましょう。

 

 

基本情報技術者

情報処理技術者試験の中の1つ。

この資格を持っている人は会社に割といます。

 

 

応用情報技術者

基本情報技術者の進化版ですね。

マネージメントの観点も入ってきます。

 

データベーススペシャリスト

データベースに特化した資格なので、他の資格とは差別化できていますね。

自分がデータベース系の仕事をしているかどうかで判断すればいいかなと思います。

 

プロジェクトマネージャ

これはIPAが実施しているだけで、ほぼマネージャー試験ですね。

 

システムアーキテクト

合格率は10%台とかなり低く、受験も年一度だけとかなり厳しい条件。

会社でも殆ど持ってる人がいない資格ですね。

 

 

まとめ

今回はシステムエンジニアに資格はいらない、の真相について解説しました。

以上になります。

-プログラミング

© 2020 Syuri-Blog Powered by AFFINGER5