英語/海外旅行/海外駐在

海外駐在するメリット3選

アメリカにて海外駐在中のSyunが「海外駐在のメリット」に関して単純明快にお答えします。

Syunの経歴を簡単に。社会人歴5年にも達していない20代。社内で海外人材として認められ、アメリカ駐在中。

赴任前のTOEICは300点台。

 

海外駐在するメリット1

給料が上がる

単純ですが、非常に大切なことですよね。仕事をする理由の一つは「生活するためのお金を得る」ことですから。

ざっくり金額で言うと「手取りで1.5倍から2倍」増えます。ざっくり、と表現したのはどの会社に努めているかによる違いが大きいためです。

メーカー勤務、保険会社に勤務していれば1.5倍。

大手総合商社に勤務していれば2倍。

このあたりが相場と言えそうです。僕は日本人が多く住むエリアに済んでおり、日本人駐在員の友人もそれなりにいます。そこから仕入れた情報なので大きなズレはなさそうです。

1年間で4-500万円貯金することも余裕で可能です。

2兆円規模の会社から来た駐在員は、1兆円規模の駐在員と比較して手取り額が1.2倍ほど多くなっていました。案外大きな差がありますよね。一概には言えませんが、会社の規模が給料に直結しているのは間違いないと考えられます。

どこの会社に所属していても大方、給料は上がります。

 

 

海外駐在するメリット2

出世しやすくなる

友人や親族に「海外駐在になったよ!」と言うと「出世コースだね」と言われることも多いです。

出世コース確定、までは言いすぎですが「出世街道に乗るチャンスがグッと近づいた」といっても間違いはないでしょう。

私はメーカー勤務で、国内にも海外にも同業者の友人がたくさんいます。

そこで集めた生の情報によれば「一度海外を経験した人は出世が早い」というのは事実のようです。

なぜか?若手を育てるにしろ、部長クラスを送り込むにしろ、人件費がかかります。海外勤務をしてもらうにあたって準備することがとても多いからです。ビザ申請費用、住居費、給料アップ分など。総合すると、多くの会社では国内勤務社員と比較して海外勤務社員は2-3倍ほどの人件費がかかっているケースがほとんどです。

会社としてみればいわば「人材への投資」ですよね。そして駐在員は「投資する価値のある人材」ということになります。これらの理由から、海外駐在をすることで出世コースに乗るチャンスが近づいたと言えそうです。

※ただし、ここで注意しなくてはならないのは、必ず出世するわけじゃないということです。

これについても後日記事にしたいと思います。

 

 

海外駐在するメリット3

幅広い業務経験を積むことができ、帰国後の仕事も転職も有利になる

いくつかあるので、分けて書きます。

 

外国人と仕事をする感覚が身につく

日本人も外国人も、仕事させたら同じなんじゃないの?と思ったあなた、伸びしろたっぷりです。

日本での常識はあくまで「ドメスティックな常識なんだ」ということに気がつくのは、海外で仕事をしてこそ。国内で外国人と仕事をしているのとは訳が違います。なぜなら、国内にいる外国人は「日本慣れ」しているから。良い意味でも悪い意味でも外国人らしさは薄れてしまっています。

また、海外では報連相や同僚上司との関係、納期感覚などが全く異なります。異なる環境の中で自分なりに活路を見出していく、この感覚こそが大切なのです。

 

2ランク上の責任感が身につく

おそらく海外駐在になって一番最初に驚くのが「自分のプロジェクトの規模、でかっ!」ということです。

国内ではルート営業しかしていなかったのに、海外に来た途端に扱う金額が数十倍に増えたパターンなんてザラにあります。こんなとき、人は嫌でも責任を感じます。ここでの会社側の狙いは「1-2ランク上の視座を持って任務にあたってもらうこと」です。プロジェクトの規模の大きさが、人の責任感を育て、ひいてはその人の人間力を育てることになるからです。

 

結果、転職活動が有利になる

上述した2つのポイントは、海外で勤務してこそ身につくものです。

だからこそ、転職が有利になるのです。海外人材を募集している企業はただただ英語が話せる日本人を求めているわけではないのです。僕は海外駐在の経験は履歴書に「スキル」としてかけるレベルだと思っています。笑

 

 

おまけ 福利厚生が国内よりも手厚い

多くの企業では駐在員用の英語習得プログラムを導入しています。僕の会社では一人あたり50万円の枠が与えられ、赴任前や赴任後に英会話スクールに通うことができます。

会社持ちの費用で英語が学び、今後の人生に大いに生かせるスキルアップができるなんて夢のような話ですよね。

 

 

もし海外駐在する機会があれば、迷いなくYES!と答えてください。人生変わると思います。

それではアメリカで会いましょう!

-英語/海外旅行/海外駐在

© 2020 Syuri-Blog Powered by AFFINGER5